カイル・ラウリー「ラプターズに感謝してる」

【スポンサーリンク】

カワイ・レナードという新たな相棒を終えたカイル・ラウリーは、リーダーとしてトロント・ラプターズを牽引している。

昨年夏に3年契約を結び、ラプターズに欠かせないプレイヤーとなったラウリー。

ラウリーも自身を高く評価してくれたラプターズに感謝し、最善を尽くす構えだ。

ライルーはラプターズについて次のようにコメント。sportsnet.caが伝えている。

「彼ら(ラプターズ)はコミットしてくれた。俺が思ってたより多くの金を確保してくれた。俺はバスケットボールコートで証明し続け、サラリーの価値があることを証明し続けてる。この都市は俺にとって本当に素晴らしい都市さ。そして組織は俺が俺であるようにしてくれた」

「彼らは俺にチャンスをくれた。俺に金を払う必要はなかった。俺は求められたことをすべてやってる。良いチームにしたと思うし、彼らが俺をキープするしないにかかわらず、俺は彼らに決断させる位置までたどり着くことができた。彼らは俺をキープすることを選んだ。感謝してる」

今季のラプターズは好調を続けており、現在7連勝中。

ラウリーにはリーダーとしてこれからもチームを牽引し、悲願のファイナル進出に導いてもらいたい。

なお、今季のラウリーは22試合に出場し、平均33.9分のプレイで15.6得点、4.3リバウンド、10.2アシスト、1.3スティール、FG成功率46.3%、3P成功率36.2%を記録。

キャリアを通してメンフィス・グリズリーズ、ヒューストン・ロケッツ、ラプターズでレギュラーシーズン通算813試合に出場し、平均31.1分のプレイで14.5得点、4.2リバウンド、6.0アシスト、1.3スティール、FG成功率42.6%、3P成功率37.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA