チャールズ・バークレー「レイカーズは良いチームじゃない」

【スポンサーリンク】

チャールズ・バークレーは今年8月、レブロン・ジェイムスのロサンゼルス・レイカーズ移籍は「ビジネスの決定だった」とし、「レイカーズは最高のシナリオでも第5、第6シードだろう」と語っていた。

そのスタンスは、レギュラーシーズンが1カ月以上経過した今でも変わっていないようだ。

バークレーはレイカーズについて次にようにコメント。cbssports.comが伝えている。

「レイカーズは良いチームじゃない。レイカーズはせいぜい第6、第7、第8シードだろう。プレイオフのにおいは感じる。だが、薄いにおいだ」

レイカーズは現在、13勝9敗でウェスタン・カンファレンス6位。

バークレーは以前、ゴールデンステイト・ウォリアーズのプレイオフ敗退を予想したが、その年のウォリアーズは見事タイトルを獲得してみせた。

レイカーズにもバークレーの予想を覆す躍進を期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA