ジミー・バトラー ニックスへの移籍は興味なし?

【スポンサーリンク】

オールスターのジミー・バトラーは、先日のトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズへ移籍した。

シクサーズへのトレード前にはマイアミ・ヒートやロサンゼルス・クリッパーズ、ブルックリン・ネッツ、ニューヨーク・ニックスが移籍先候補として噂されていたが、少なくともニックスへの移籍は希望していなかったのかもしれない。

clutchpoints.comによると、バトラーはニックスへの移籍にまったく興味を持っていなかったという。

シクサーズはジョエル・エンビードとベン・シモンズを中心とするチームであったが、タイトル獲得を狙えるポジションにいる。

一方、ニックスはロスターが定まっておらず、タイトル獲得にはまだ遠い位置にいるため、勝利に飢えるバトラーはシクサーズへのトレードを喜んだことだろう。

なお、シクサーズ移籍後のバトラーは9試合に出場し、平均32.8分のプレイで17.8得点、4.9リバウンド、3.0アシスト、2.2スティール、FG成功率49.6%、3P成功率52.0%を記録。

キャリアを通してシカゴ・ブルズ、ウルブズ、シクサーズでレギュラーシーズン通算477試合に出場し、平均32.9分のプレイで16.5得点、4.9リバウンド、3.4アシスト、1.6スティール、FG成功率45.4%、3P成功率34.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA