ケイ・フェルダー 暴行でラプターズ905から解雇

【スポンサーリンク】

トロント・ラプターズ傘下のGリーグチームであるラプターズ905でプレイしていたケイ・フェルダーが、女性に暴行を働き、逮捕された。

TMZ Sportsによると、ラプターズ905はこの問題を受け、フェルダーを解雇したという。

フェルダーは付き合いの長い女性と食事を終えた後、その女性と口論になり、首を締め、女性の首には傷跡が残っていると報じられている。

フェルダーはこの夏にラプターズに移籍すると、今季はラプターズ905でプレイ。

NBA定着が難しい状況が続いているが、今回の事件により、さらに難しい状況を強いられることになるかもしれない。

オークランド大学出身のフェルダーは、2016年のドラフト2巡目指名でリーグ入り。

キャリア2年を通してクリーヴランド・キャバリアーズ、シカゴ・ブルズ、デトロイト・ピストンズでレギュラーシーズン通算58試合に出場し、平均9.1分のプレイで3.8得点、1.0リバウンド、1.3アシスト、FG成功率36.4%、3P成功率26.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA