サンズ トレバー・アリーザをトレード?

【スポンサーリンク】

今年夏にフェニックス・サンズと1年1500万ドルの契約を結んだトレバー・アリーザは、間もなくトレード可能な状態となる。

そのため、サンズはベテランのアリーザを放出し、若手有望株やドラフト指名権獲得に動く可能性がある。

New York Timesの記者によると、ウィングポジションの補強を必要としている複数のチームが、アリーザのトレード獲得に関心を持っているという。

サンズは今年のドラフトでセンターのディアンドレ・エイトンを獲得したものの、エースのデビン・ブッカーがハムストリングの負傷に苦しめられる状況が続いている。

今季もプレイオフ進出が難しい状況であるため、来季へ向けて早めに手を打ちたいところだろう。

なお、今季のアリーザは21試合に出場し、平均34.5分のプレイで9.9得点、5.6リバウンド、3.3アシスト、1.3スティール、FG成功率37.2%、3P成功率35.7%を記録。

キャリアを通してニューヨーク・ニックス、オーランド・マジック、ロサンゼルス・レイカーズ、ヒューストン・ロケッツ、ニューオーリンズ・ホーネッツ、ワシントン・ウィザーズ、サンズでレギュラーシーズン通算963試合に出場し、平均29.6分のプレイで10.5得点、4.8リバウンド、2.1アシスト、1.5スティール、FG成功率42.3%、3P成功率35.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA