ケビン・デュラント「シアトルでたくさんの愛をもらった」

【スポンサーリンク】

現在ゴールデンステイト・ウォリアーズに所属し、リーグを代表するスーパースターのひとりであるケビン・デュラントは、2007年のドラフト2位でシアトル・スーパーソニックスに指名され、NBAキャリアをスタートさせた。

だが、スーパーソニックスはその後、ホームをオクラホマシティへと移し、現在はオクラホマシティ・サンダーというチーム名で戦っている。

デュラントは以前、シアトルにNBAチームを復活させたいという夢を語っていたが、シアトルのチームのオーナーになりたいとも考えているようだ。

デュラントはシアトルについて次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「素晴らしいストーリーだよね。あの場所でプレイしたという事実がある。俺はあの場所でたくさんの愛をもらったんだ。リーグの他のどんな都市よりも、多くの愛をもらったかもしれないね。素晴らしいストーリーだ。ただ、たくさんの難しい仕事をこなさないといけない。簡単にはいかないだろう。シアトルだからね。人々は俺とシアトルを結びつけたがってる。俺はその一部にすごくなりたいんだ」

デュラントはビジネスパートナーと共に動き、複数のNBAチームのオーナーと面会しながら、シアトルにNBAチームが復活する可能性を探っているという。

かつてはサクラメント・キングスとミルウォーキー・バックスにシアトル移転の可能性があったが、いずれも消滅。

現在は元スーパーソニックスのゲイリー・ペイトンなどがシアトルにチームを復活させるために動いているというが、いずれはデュラントも加わることになるだろう。

果たしてシアトルにNBAチームが復活する日は来るだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA