トリスタン・トンプソン 左足捻挫で2~4週間離脱へ

【スポンサーリンク】

再建モードに突入しているクリーヴランド・キャバリアーズが、またしても主力のひとりを欠いた状況で戦わなければならなくなったようだ。

ESPNによると、先日のミルウォーキー・バックス戦で左足を負傷した先発センターのトリスタン・トンプソンが、2~4週間離脱することになったという。



トンプソンはバックス戦でマルコム・ブログドンの足の上に着地し、負傷した。

キャブスではオールスターフォワードのケビン・ラブも負傷離脱中。

ラブは1月中旬頃に復帰すると見られている。

トンプソンとラブの離脱中は他のプレイヤーたちがステップアップし、今後につなげてもらいたい。

なお、今季のトンプソンは27試合に出場し、平均30.3分のプレイで12.0得点(キャリアハイ)、11.6リバウンド(キャリアハイ)、2.1アシスト(キャリアハイ)、FG成功率55.1%、フリースロー成功率61.2%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算546試合に出場し、平均28.0分のプレイで9.2得点、8.6リバウンド、0.9アシスト、FG成功率52.0%、フリースロー成功率60.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA