レイカーズ 若手4選手はトレード対象外?

【スポンサーリンク】

プレイオフ復帰を目指すロサンゼルス・レイカーズは、フェニックス・サンズのベテランウィングマン、トレバー・アリーザをトレードで獲得すると噂されている。

問題は、レイカーズがどのプレイヤーを放出するかということだが、チームを牽引していくであろう若手4選手をトレードで出すことはないようだ。

the Los Angeles Timesの記者によると、レイカーズがロンゾ・ボール、ブランドン・イングラム、カイル・クーズま、ジョシュ・ハートをトレードで放出することはないという。




現時点ではケンテイビアス・コールドウェル・ポープが放出されると噂されているが、3チーム間トレードになるとも報じられており、今後も交渉が続くだろう。

今季のコールドウェル・ポープの出場時間は減少し、コールドウェル・ポープ側は環境の変化を求めているとも噂されている。

コールドウェル・ポープのトレードが可能となるのは現地15日。

果たしてこのトレードは実現するのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA