ハリソン・バーンズ「レフェリーにまだ返事をもらってない」

【スポンサーリンク】

ダラス・マーベリックスのリック・カーライルHCは、先日のアトランタ・ホークス戦で退場処分を命じられた。

レフェリーがハリソン・バーンズに対するファウルをコールせず、それに憤慨したことによるものだ。

ここ数年はファウルをもらってフリースローを獲得し、得点を重ねるというプレイヤーが増えてきているが、バーンズもそのひとりと言えるだろう。

だが、バーンズはホークス戦でファウルをもらえなかったことに納得していないようだ。バーンズのコメントをESPNが伝えている。


「コーチはいつも我々を支えてくれてる。プレイヤーとして感謝してる。支えてくれてるコーチがいてコートに立つのは、良い気分になるんだ」

「俺にできたこと、俺がやらなかったこと、ほぼすべてのプレイに関し、レフェリーに質問してる。まだ返事をもらってない。もしかしたら(バスケットボールオペレーション部門副代表のキキ・バンダウェイが)答えを出せるかもしれないね。俺はただアグレッシブにプレイし、侵入できるスポットを見つけようとしてるだけさ」



試合は114-107でマブスが勝利。

ファウルをもらうプレイについては賛否両論あるが、レフェリーも難しい判断をしなければならないだろう。

バーンズの疑問に対し、バンダウェイは何かしらの回答を出すのだろうか。

なお、今季のバーンズは23試合に出場し、平均31.7分のプレイで17.9得点、4.4リバウンド、1.2アシスト、FG成功率41.7%、3P成功率40.4%を記録。

キャリアを通してゴールデンステイト・ウォリアーズとマブスでレギュラーシーズン通算486試合に出場し、平均30.4分のプレイで13.3得点、4.9リバウンド、1.5アシスト、FG成功率44.9%、3P成功率37.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA