ブルズ ジャバリ・パーカーをトレード?

【スポンサーリンク】

シカゴ・ブルズのジャバリ・パーカーは、先日のオーランド・マジック戦で出場機会をほとんど与えられなかった。

ジム・ボイレンHCのはパーカーに十分な出場時間を与えなかったことについて「マッチアップの問題」と説明していたが、ブルズはパーカーをすでに戦力外として見ているのかもしれない。

Chicago Tribuneによると、ブルズはパーカーのトレードを計画しており、すでに数チームと交渉しているという。



一方、パーカーはマジック戦の後、次のようにコメントしていた。

「(出場時間の減少には)驚いた。なぜなら、与えられた時間内で俺にできることすべてをやってたからね。ただ、そういうことだ。口をとがらすことはできない。進み続けないとね」

パーカーはこの夏、2年4000万ドルの契約でホームチームであるブルズに移籍。

契約2年目はチームオプションとなっているが、2月のトレード期限を乗り切ったとしても、来年夏はまたホームチームを離れる状況にさらされるかもしれない。

なお、今季のパーカーは29試合に出場し、平均30.1分のプレイで15.2得点、6.9リバウンド(キャリアハイ)、2.3アシスト、FG成功率45.5%(キャリアワースト)、3P成功率29.3%を記録。

キャリアを通してミルウォーキー・バックスとブルズでレギュラーシーズン通算212試合に出場し、平均30.6分のプレイで15.3得点、5.7リバウンド、2.1アシスト、FG成功率48.5%、3P成功率33.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA