カイリー・アービング「試練を経験しなきゃいけなかった」

【スポンサーリンク】

今季のボストン・セルティックスは、難しい出だしを強いられた。

カイリー・アービングとゴードン・ヘイワードの復帰によるケミストリーの再構築、そしてジェイソン・テイタムとテリー・ロジールの不調などが重なったことが大きな要因であろう。

だが、現在8連勝中と、本来の強さを取り戻したかのように見える。

オールスターガードのアービングも、不長期を試練としてとらえ、それを乗り切ることが重要だと考えていたようだ。

アービングはチームについて次のようにコメント。USA Todayが伝えている。

「新しいグループ。新しい環境。理解しなきゃいけない新しいこと。どうなりたいのか、どう勝ちたいのかという期待。俺たちは簡単にいくだろうと期待してた。それはチームの環境の一部。最高のチームでさえ、試練を経験しなきゃいけないんだ」



セルティックスは現在、イースタン・カンファレンス5位。

同首位のトロント・ラプターズとは4.5ゲーム差だが、ここから巻き返していくだろう。

なお、今季のアービングは25試合に出場し、平均32.0分のプレイで22.5得点、4.6リバウンド(キャリアハイ)、6.4アシスト(キャリアハイ)、1.6スティール(キャリアハイ)、FG成功率48.2%、3P成功率39.1%を記録。

キャリアを通してクリーヴランド・キャバリアーズとセルティックスでレギュラーシーズン通算466試合に出場し、平均33.8分のプレイで22.0得点、3.5リバウンド、5.5アシスト、1.3スティール、FG成功率46.3%、3P成功率38.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA