ザック・ラビーン 足首捻挫で離脱

【スポンサーリンク】

シカゴ・ブルズのザック・ラビーンが、少なくともサンアントニオ・スパーズ戦とオクラホマシティ・サンダー戦を欠場することになった模様。

thescore.comによると、オーランド・マジックとのメキシコゲームで左足首を捻挫したラビーンは、少なくとも2試合を欠場するという。

ラビーンはシカゴに戻り次第、検査を受ける予定だ。



ブルズは現在、6勝23敗でイースタン・カンファレンス最下位。

ラビーン離脱の間に他のプレイヤーたちがステップアップし、来季以降への光を見せてもらいたい。

なお、今季のラビーンは28試合に出場し、平均35.3分のプレイで23.8得点(キャリアハイ)、4.9リバウンド(キャリアハイ)、4.8アシスト(キャリアハイ)、1.1スティール(キャリアハイ)、FG成功率45.0%、3P成功率32.6%(キャリアワースト)を記録。

キャリアを通してミネソタ・ティンバーウルブズとブルズでレギュラーシーズン通算258試合に出場し、平均29.4分のプレイで15.1得点、3.2リバウンド、3.4アシスト、0.8スティール、FG成功率43.9%、3P成功率36.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA