ジャマール・マレー「ラッセル・ウェストブルックが最初に押してきた」

【スポンサーリンク】

先日行われたデンバー・ナゲッツ対オクラホマシティ・サンダー戦で、ラッセル・ウェストブルックとジャマール・マレーは口論を繰り広げ、テクニカルファウルをコールされた。

ジャンプボールの時にポジション争いがあり、ウェストブルックはマレーをプッシュ。

ウェストブルックは「彼が邪魔したから」と説明したが、マレーはウェストブルックに非があると感じているようだ。マレーのコメントをthescore.comが伝えている。

「俺は俺のスポットに立ってた。彼は俺をまたごうとしてきた。そして、彼が最初に押してきたんだ。俺には分からない。彼に聞いてくれ。俺は何もやってない。たぶん、彼は負けてたからじゃないかな」



マレーが話したとおり、ウェストブルックが一方的に仕掛けたようにも見えたが、ウェストブルックの反応にマレーも驚いたことだろう。

なお、試合は109-98でナゲッツが勝利し、今季のサンダー戦を2戦2勝とした。

次の対戦は2月末だ。


【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA