レブロン・ジェイムス「俺の発言は何かを生み出す」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは先日、ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビス獲得を希望することを示唆するような発言をした。

ジェイムスの発言がデイビスの勧誘につながるとし、スモールマーケットのチームのGMは「ルール違反」とし、反発する姿勢を見せたが、ジェイムスはあくまでデイビスについて述べたものであり、勧誘するものではないと考えているようだ。

ジェイムスは自身の発言について次のようにコメント。ESPNが伝えている。


「俺はルールに則ってやってる。(スモールマーケットチームのGMの発言について)それで?俺が何かやった?何かやった?正しいの?間違ってるの?」

「ケビン・デュラントとも一緒にプレイしたい。俺にジミー・バトラーとプレイしたいか質問してくれ。今言ってくれ。カイリー・アービング、ヤニス(・アンテトクンポ)について聞いてくれ。(ジョエル・)エンビード、ベン・シモンズについて聞いてくれ。ルカ・ドンチッチ。今オレに質問してくれ。難しいことじゃない。素晴らしいプレイヤーたち。俺はたくさんの素晴らしいプレイヤーたちと一緒にプレイしたいんだ」

「俺のどんな発言も、何かを生み出すよね」



それほどジェイムスの影響力が大きいということだろう。

ジェイムスの発言を受け、リーグはどう動くのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA