肺炎のジャベール・マギーが退院

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズの先発センターであるジャベール・マギーは、3試合連続で欠場している。

肺炎を患い、ここ3日間を病院で過ごしていたというが、ようやく復帰へ向けて動き出すようだ。

マギーは自身の状態について次のようにコメント。sports.yahoo.comが伝えている。

「気分は少し良くなった。驚いたことに、体重はまったく減らなかったんだ」



マギーは毎日様子を見る状態としているが、復帰する日はそう遠くないだろう。

ただ、古巣ゴールデンステイト・ウォリアーズとのクリスマスゲームには出場できない可能性が高そうだ。

なお、今季のマギーは29試合に出場し、平均23.5分のプレイで11.8得点(キャリアハイ)、6.7リバウンド、0.8アシスト (キャリアハイ) 、2.6ブロックショット (キャリアハイ) 、FG成功率62.6%、フリースロー成功率66.7%を記録。

キャリアを通してワシントン・ウィザーズ、デンバー・ナゲッツ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ダラス・マーベリックス、ウォリアーズ、レイカーズでレギュラーシーズン通算587試合に出場し、平均17.1分のプレイで7.7得点、4.8リバウンド、0.4アシスト、1.5ブロックショット、FG成功率56.4%、フリースロー成功率58.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA