エルトン・ブランドGM マーケル・フルツの今季中の復帰について「今は言えない」

【スポンサーリンク】

キャリア2年目を迎えているフィラデルフィア・セブンティシクサーズのマーケル・フルツは、今月上旬に胸郭出口症候群と診断され、以降離脱している。

一時はトレードの噂があったものの、怪我をしている現状でのトレードは難しいだろう。

また、フルツが今季中に復帰できるかも分からないようだ。

シクサーズのゼネラルマネージャーを務めるエルトン・ブランとは、フルツについて次のようにコメント。The Philadelphia Inquirerが伝えている。

「(フルツの今季中の復帰については)今は言えない。彼は今、ロサンゼルスにいる。コービー(・ブライアント)が絶対的に信頼してるジュディ・セトと一緒にね。経過は良好のようだ」

「クリスマスの日は、彼は我々と一緒にいる。彼の家族もね。我々のスタッフもしくは組織の人間は、彼もしくは彼の陣営と毎日連絡をとってるよ」



怪我が大きな問題であるのは間違いないであろうが、これまで叩かれ続けてきたということもあり、メンタルの回復と強化も必要となるだろう。

まだ20歳と若く、将来性のあるフルツには、この困難を乗り切ってもらいたい。

なお、今季のフルツは19試合に出場し、平均22.5分のプレイで8.2得点、3.7リバウンド、3.1アシスト、FG成功率41.9%、3P成功率28.6%、フリースロー成功率56.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA