イビチャ・ズバッツ「ルーク・ウォルトンHCは信頼してくれてる」

【スポンサーリンク】

ジャベール・マギーとタイソン・チャンドラーが離脱したことにより、21歳のビッグマン、イビチャ・ズバッツにチャンスが与えられた。

シーズン序盤こそコンスタントに起用されていたものの、チャンドラー加入によって出場機会が減少していたズバッツ。

だが、先発センターとして起用されると、攻守両面でステップアップしたパフォーマンスを見せ続けている。

ズバッツにとって大きなことは、絶えず努力し続けていることはもちろん、何より指揮官からの信頼なのかもしれない。

ズバッツはルーク・ウォルトンHCについて次のようにコメント。The Los Angeles Timesが伝えている。

「ルークは俺のことを信頼してるっていつも言ってくれる。コートに出すチャンスがあれば、彼は俺を出してくれる。チームの他のプレイヤーたちと同じように、彼は俺のことを信頼してくれてるんだ 」



ズバッツは先発起用されたニューオーリンズ・ペリカンズ戦で16得点、11リバウンド、2スティール、2ブロックショット、メンフィス・グリズリーズ戦で19得点、4ブロックショット、ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦で18得点、11リバウンド、2ブロックショットを記録。

ズバッツを判断するのはまだ早いが、この勢いでステップアップしてもらいたい。

なお、今季のズバッツは14試合に出場し、平均12.1分のプレイで5.5得点、3.8リバウンド、0.5アシスト、0.9ブロックショット、FG成功率66.0%、フリースロー成功率87.5%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算95試合に出場し、平均12.5分のプレイで5.5得点、3.5リバウンド、0.7アシスト、0.6ブロックショット、FG成功率53.8%、フリースロー成功率72.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA