NBA 各チームにアンチタンパリングルール再確認

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは先日、ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスをレイカーズに勧誘するかのような発言をした。

ジェイムスの発言を受け、ウェスタン・カンファレンスのチームのあるGMは「タンパリングだ」、「リーグは処分を下すべき」などと指摘。

だが、リーグがジェイムスに処分を下すことはなかった。

その代わり、NBAは各チームに対し、タンパリングに関して注意を促したようだ。

ESPNの記者によると、NBAは各チームに対し、アンチタンパリングルールを再確認する文書を送ったという。



リーグはジェイムスに罰則を適用しなかったため、いわゆる前例を作ってしまったことになる。

今回の文書はタンパリングルールを再確認するものであるが、密室での勧誘活動などを制限することはできないだろう。

とはいえ、各チームにはルールを遵守してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA