【スポンサーリンク】

ジョン・ウォール アキレス腱断裂のリスクがあった?

ワシントン・ウィザーズのオールスターポイントガードであるジョン・ウォールは、左かかとの手術で今季全休を余儀なくされた。

スコット・ブルックスHCは先日、ウォールは以前からかかとの問題に悩まされており、最近になって歩行にも支障が出るほど悪化していたことを明かしたが、手術を受けなければもっとひどい状況に陥っていたかもしれない。

clutchpoints.comによると、ウォールがこのままプレイを続けた場合、アキレス腱を断裂する可能性がわずかながらもあったことを医師が明かしたという。

手術後のウォールには厳しいリハビリが待っているが、ウォールのスーパーマックス契約は来季からスタートとなるため、開幕までに万全の状態に仕上げたいところだろう。

また、ウィザーズのプレイヤーたちにはウォール離脱の間にステップアップし、戦力を底上げしてもらいたい。

なお、今季のウォールは32試合に出場し、平均34.5分のプレイで20.7得点、3.6リバウンド(キャリアワースト)、8.7アシスト、1.5スティール、0.9ブロックショット、FG成功率44.4%、3P成功率30.2%を記録。

キャリア9年ではレギュラーシーズン通算573試合に出場し、平均35.9分のプレイで19.0得点、4.3リバウンド、9.2アシスト、1.7スティール、0.7ブロックショット、FG成功率43.3%、3P成功率32.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA