【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデン「ファウルの話をし過ぎ」

ヒューストン・ロケッツの昨季MVPプレイヤーであるジェイムス・ハーデンは、5試合連続で40得点以上を記録するという偉業を達成している。

トリプルダブルも量産し、今季もMVP筆頭候補に挙がるであろうハーデン。

その一方で、ハーデンは「ファウルをもらってフリースローで得点を重ねている」、「ファウルをもらうのを減らすべき」という指摘もある。

だが、ハーデンにとってはどうでもいい話のようだ。

ハーデンはファウルをもらい、フリースローで得点を重ねる議論について次のように指摘。RealGMが伝えている。

「ファウルのことを話し過ぎだよね。俺がコート上で実際にやってる偉大なことの話をしてない」

「俺はトータルパッケージさ。アグレッシブに攻めなきゃいけないし、自分のショットを打つ。ジャンプショットを打つ俺にファウルするな」

また、ハーデンのステップバックジャンパーはトラベリングでは、という議論もかわされている。

だが、今後も圧倒的なパフォーマンスを見せ続け、すべての批判を跳ね返すことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA