【スポンサーリンク】

ジミー・バトラー ブレット・ブラウンHCとの件は「ただのトーク」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジミー・バトラーは先日、オフェンスにおける自身の役割に納得できず、ブレット・ブラウンHCに詰め寄ったと報じられた。

ピック&ロールとアイソレーションオフェンスをもっと増やしたいとし、ブラウンHCに抗議したとされるバトラー。

この件について、ブラウンHCは「一線を越えたとは思っていない」と発言し、バトラーとの間に問題はなかったことを強調したが、バトラーもそう感じているようだ。

バトラーはブラウンHCとの件について次のようにコメント。complex.comが伝えている。

「対立するようなことがあったとは思ってない。コーチからプレイヤーへのただのトーク、プレイヤーからコーチへのただのトークさ」

「たまたまみんなの前で起こっただけ。俺たちはチームとして良くなってるよ」

当事者であるブラウンHCとバトラーが問題ないと感じているのであれば、それは問題ないのだろう。

だが、シクサーズが不振に陥るたびにこの話題が掘り起こされることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA