トム・ティボドーの解雇は選手の起用法とコミュニケーション?

【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズは先日、ヘッドコーチ兼球団社長のトム・ティボドーを解雇した。

ティボドーは突然の解雇に驚いたというが、一部のプレイヤーたちはティボドーに強い不満を持っていたのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ティボドーHCのスターターに多くの出場時間を与える起用法、そしてコミュニケーション不足に一部のプレイヤーが強い不満を持っていたという。

先日のオーランド・マジック戦の後、バックアップセンターのゴーギー・ジェンはロッカールームで強い不満を表に出し、デリック・ローズがなだめなければならないほどだったという。

また、タイアス・ジョーンズ、アンソニー・トリバー、ジェフ・ティーグもティボドーHCに不満を持っていたと報じられている。

ティボドーは主要プレイヤーを酷使する起用法を用いているが、それが現代のシステムに合っていないのかもしれない。

ウルブズにはこの困難を乗り越え、プレイオフ進出へ向けて再出発を切ってもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA