エネス・カンター「アメリカを出たら危険にさらされる」

【スポンサーリンク】

ニューヨーク・ニックスは先日、イギリスのロンドンで開催されるグローバルゲームにエネス・カンターは帯同しないことを発表した。

これは、トルコのエルドアン大統領を批判し続けているカンターがアメリカ国外に出ると、殺害されてしまうリスクがあるためだ。

カンターもアメリカからの出国に恐怖心を抱いているのかもしれない。

カンターは自身について次のようにコメント。247sports.comが伝えている。

「アメリカにいれば安全。すごくそう感じてる。ただ、もしアメリカの外に出たら、すごく危険な状況なんだ」

「チームが遠征に行ってる間、アメリカで練習するよ。自分の仕事ができないことは本当に残念だ」

カンターは先日、ロンドン遠征に帯同した場合、トルコのスパイから殺される可能性があることを明かした。

ニックスはカンターが帯同しないことについて、あくまで「ビザの問題のため」としているが、カンターの身に起こり得るリスクを承知しているのだろう。

問題が解決するのはまだまだ先であろうが、死の恐怖を味わないでいい環境が訪れてもらいたいものだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA