ダーク・ノビツキー 出場時間制限について「傷ついてない」

【スポンサーリンク】


ダラス・マーベリックス一筋でキャリア21年目を迎えているダーク・ノビツキーは、今季の残りは多くの時間をベンチで過ごす予定だ。

ノビツキーによると、先日のシュートアラウンド時、リック・カーライルHCから出場時間を制限する、また出場しないゲームもあることを伝えられたという。

ノビツキーは出場時間制限について次のようにコメント。The Dallas Morning Newsが伝えている。

「俺たちはそれ(出場時間制限)について話をして、大人として対処した。コミュニケーションを取り続ける。傷ついてないよ。成り行きに任せ、ゲームがどう流れていくのか見てみよう」

オフシーズン中に左足首を手術し、12月中旬に復帰したノビツキー。

マブスは若手中心のチームに生まれ変わり、プレイオフ復帰を目指しているが、ノビツキーにはメンターとしての役割がより求められることになるかもしれない。

なお、今季のノビツキーは12試合に出場し、平均10.3分のプレイで3.6得点、1.8リバウンド、0.3アシスト、FG成功率29.4%、3P成功率22.6%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算1483試合に出場し、平均34.2分のプレイで21.1得点、7.7リバウンド、2.4アシスト、FG成功率47.2%、3P成功率38.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA