【スポンサーリンク】

シクサーズ ジョディ・ミークスなどをワークアウトに招聘か?

ファイナル進出を目指すフィラデルフィア・セブンティシクサーズは、ウィングポジションの強化を必要としている。

トレード期限が迫っている中、その動きが活発化しているようだ。

philly.comによると、シクサーズは先日、ジョディ・ミークス、コーリー・ブリュワー、ブランドン・ラッシュ、ジャメル・アーティスをワークアウトに招聘したという。

また明日、Gリーグでプレイしているラシャード・ボーン、DJ・ホッグ、ジョシュ・ヒュースティスをワークアウトに招聘すると報じられている。


シクサーズは現在、28勝16敗でウェスタン・カンファレンス4位。

決して悪い状況ではないものの、層が薄いウィングポジションを補強し、より上位を狙いたいところだろう。

一方、ワークアウトに招聘されたプレイヤーたちにとっては、厳しい競争ではあるものの、大きなチャンスとなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA