【スポンサーリンク】

ロンゾ・ボール「行動に移さないと」

レブロン・ジェイムスとラジョン・ロンドという偉大なプレイヤーを怪我で欠くロサンゼルス・レイカーズは、難しい時間を送っている。

先日はリーグ最下位のクリーヴランド・キャバリアーズに敗れ、改善の兆候が見られないレイカーズ。

先発ポイントガードのロンゾ・ボールにはコートリーダーとなり、チームをまとめる働きが求められているが、ボールは新たな役割に戸惑っているのかもしれない。

ボールはリーダーとしての役割について次のように言及。ESPNが伝えている。

「(ジェイムスとロンドの離脱は)満たさなければならない大きな穴だ。これまでのところ、レブロンとロンドはおそらく最高のリーダー。彼ら2人がいない。コートで声をあげる主な2人がいない。俺にとって新しいことだ。BI(ブランドン・イングラム)にとって新しいことだ。クーズ(カイル・クーズマ)はおそらく最も声をあげてる1人だろうね」

「俺にとって、(リーダーとして)もっと行動に移すことが重要。自分の仕事をしていなければ、それができない。つまり、そこから始まるんだ」

「俺たちは勝ちたい。そうできるよう、組織は俺たちを見てる。ただ、俺たちはそれをやってない。もっと良くならなきゃいけない」

「高校時代は簡単だった。コートに一緒に立ってたほとんどが俺の家族だったからね。弟たち、そして従兄弟と一緒にプレイしてた。だから、話をするのはすごく簡単だったんだ。UCLA時代はクールだった。コーチは俺にきっかけを与えてくれてたし、チームを率いるよう俺に言ってくれてたからね」

「すべてのプレイを成功させるよう、みんなが俺を見てる。試合を通して、ボールは俺の手の中にあることが多い。このチームにはたくさんのタレントがいる。たくさんの男がボールを持つ。俺たちはどうプレイするかを学ばなきゃいけなくて、それを勝利に変えていかないといけないんだ」

ジェイムスとロンド離脱以降のレイカーズは3勝7敗。

ボールはリーダーとしてチームをまとめ、勝利に導くことができるだろうか。

現地15日のシカゴ・ブルズ戦でその姿を見せてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA