【スポンサーリンク】

ラジョン・ロンド レイカーズの若手は「学んでるところ」

レブロン・ジェイムスとラジョン・ロンドを怪我で欠くロサンゼルス・レイカーズは、急激に調子を落としている。

豊富な経験と強いリーダーシップを持つジェイムスとロンドの離脱により、経験の浅い若手プレイヤーたちはどう声をあげたら良いのか困惑している模様。

それを察しているベテランたちはロンゾ・ボール、ブランドン・イングラム、カイル・クーズマに対し、成長のきっかけを与え続けている模様。

ロンドはレイカーズの若手たちについて次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「俺たちは彼らに話をしてる。タイソン(・チャンドラー)、俺、そしてレブロン。俺たち全員は彼らに対し、何を言うべきなのか教えてるんだ」

「何を言えば良いのか分からないような場面が、彼らには何度もあった。そして彼らは話をしなかった。今はフィルムセッションや実戦を通し、何を言うべきなのか学んでるところさ」

ロンドはボストン・セルティックスで過ごしたキャリア2年目にそれを学び、間違いがあればポール・ピアースやケビン・ガーネットといったベテランから指摘されたという。

ピアースやガーネットのような役割がロンドに巡ってきたのだろう。

偉大なベテランたちの助言を受け、ボールを始めとする若手たちにはリーグを代表するスタープレイヤーに成長してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA