【スポンサーリンク】

ヒドゥ・ターコルー エネス・カンターは「注目を集めようとしてる」

ニューヨーク・ニックスのエネス・カンターは、ロンドンゲームへの帯同を避けた。

トルコから暗殺されてしまう恐れがあるのを理由として挙げたカンターだが、ニックスはビザの問題で渡航できないと説明。

ニックスは政治的関与の疑問を避けるために「ビザの問題」としたのかもしれないが、かつてNBAで活躍したトルコ出身のヒドゥ・ターコルーは、「ビザの問題」が真実であると主張しているようだ。

ターコルーはカンターについて次のように指摘。ESPNが伝えている。

「(カンターの発言は)政治の名誉を傷つけるキャンペーンだ。彼が多くの国に渡航できないことは知ってる。2017年からのビザの問題でね。言い換えると、カンターがUKに入国できないのは、彼が主張しているような命を脅かされることが理由ではなく、パスポートとビザが理由。これが長く知られてる真実さ。彼は不合理を正当化しようとし、政治的な意見で注目を集めようとしてるんだ」

ターコルーは現在、トルコ大統領のチーフアドバイザーを務めている。

カンターはそれゆえ、ターコルーが「トルコ大統領から言わされた」と感じているようだ。

いずれにせよ、カンターとトルコの間の問題は今後も続くことになるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA