【スポンサーリンク】

カイリー・アービング「レブロン・ジェイムスに謝罪しないといけなかった」

レブロン・ジェイムスと共にクリーヴランド・キャバリアーズをタイトル獲得に導いたカイリー・アービングは、2年前の夏にトレードを要求し、ボストン・セルティックスに電撃移籍した。

自身の力を高め、ファーストオプションとしてチームを牽引するプレイヤーになりたかったからだ。

そのアービングは先日、セルティックスの若手について「若手はチャンピオンシップレベルチームを分かってない」と指摘。

それが、キャブス時代の若かった自身を振り返ることにつながったのかもしれない。

アービングはジェイムスと共にプレイしたキャブス時代の自身について次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「(ジェイムスに)電話して、指一本ですべてを動かせるような若いプレイヤーだったことを謝罪しないといけなかった。俺はすべてを指一本で動かしたかった。俺はすべてを自分から始めたかった。チャンピオンシップに導ける男になりたかった。リーダーになりたかったんだ」

「(ジェイムスは)クリーヴランドにやって来たそういう男のひとりだった。そして、俺たちにチャンピオンシップを勝ち取る方法を示そうとしてくれた。彼にとって難しいことだった。グループを最大限に利用することは、世界で最も簡単にいかないことのひとつだ」

アービングは昨日、若手たちを批判したことを反省し、今後はメディアの前で若手を批判しないと誓った。

今季のセルティックスは難しい状況が続いているが、シーズンはまだ前半戦。

アービングには若手たちを牽引し、リーダーとしてチームをさらなる高みに導いてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA