【スポンサーリンク】

マーク・ガソル&マイク・コン・リー オーナーと面会

2016-17シーズンまで7年連続でプレイオフに進出していたメンフィス・グリーズリーズは昨季、主力プレイヤーの相次ぐ負傷離脱の影響を受け、プレイオフ進出をのがした。

今季はマイク・コンリーが復帰し、スタートダッシュに成功。

プレイオフ復帰の可能性を感じさせたが、12月中旬から急激に調子を落とすと、現地18日の時点で19勝26敗、ウェスタン・カンファレンス14位と、再び低迷している。

この状況を受け、主力のマーク・ガソルとコンリーが動いた模様。

RealGMによると、ガソルとコンリーはオーナーのロバート・ペラと面会し、今後について話し合ったという。

ガソルの来季の契約はプレイヤーオプション。

仮にガソルが他チーム移籍を検討しているとすれば、グリズリーズとしてはトレードで放出し、見返りを得たいところだろう。

ガソルのトレード獲得には複数のチームが関心を持っていると噂されるが、早ければ来月のトレード期限までに何かしらの動きがあるかもしれない。

なお、今季のガソルは45試合に出場し、平均33.8分のプレイで15.2得点、8.5リバウンド、4.7アシスト(キャリアハイ)、1.2スティール(キャリアハイ)、1.3ブロックショット、FG成功率43.3%、3P成功率35.5%、フリースロー成功率76.3%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算761試合に出場し、平均33.7分のプレイで15.2得点、7.7リバウンド、3.4アシスト、0.9スティール、1.5ブロックショット、FG成功率48.3%、3P成功率34.6%、フリースロー成功率77.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA