【スポンサーリンク】

ルーク・ウォルトンHC ロンゾ・ボールは「すごく落ち込んでる」

ロサンゼルス・レイカーズのロンゾ・ボールは先日のヒューストン・ロケッツ戦で足首を負傷し、途中退場した。

その後MRI検査を受け、グレード3の捻挫で4~6週間離脱することになったボール。

レイカーズを指揮するルーク・ウォルトンHCによると、ボールは検査結果を受け、ひどく落ち込んでいたという。

ウォルトンHCはボールについて次のようにコメント。sportsnaut.comが伝えている。

「(ボールの怪我は)不運だった。彼は本当に良いバスケットボールをプレイし始めてた。彼は今、すごく落ち込んでる。彼は本当に良いグルーヴの中にいた。我々はこの状況を乗り越え、彼はカムバックしてくれるだろう」

レブロン・ジェイムス、ラジョン・ロンドに続き、ボールまで離脱することになってしまったレイカーズ。

ジェイムスとロンドは間もなく復帰できると報じられているが、それまでの間は他のプレイヤーたちにステップアップが求められる。

一方、ロンドにはこの期間中に英気を養い、再びレイカーズを牽引してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA