ゴーギー・ジェン「デビン・ブッカーが俺を殴ろうとした」

【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズのゴーギー・ジェンとフェニックス・サンズのデビン・ブッカーは先日、コート上で口論を繰り広げ、退場を命じられた。

退場を命じられる前、ジェンはブッカーに「裏で続けようぜ」と挑発すると、両者はセキュリティの制止を振り切るようにコートを走って去ったわけだが、これ以上の大事には至らなかったようだ。

この件について、ジェンは次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「ジャージーを交換したかっただけさ。彼が俺を殴ろうとしてきたと思う。俺がパンチしてないのは、みんな見てたよね」

ジェンはセキュリティを振り切って裏まで走ったが、ブッカーの姿が見当たらなかったため、サンズのロッカールームに押しかけようとしたという。

だが、ロッカールームの近くでセキュリティに取り押さえられ、事なきを得た。

とはいえ、リーグが何かしらの処分を下す可能性は十分ありそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA