【スポンサーリンク】

エネス・カンター「プレイさせないなら出してくれ」

契約最終年を迎えているニューヨーク・ニックスのエネス・カンターは健康な状態であるにもかかわらず、現地23日のヒューストン・ロケッツ戦で起用されなかった。

カンターはより多くに出場時間を求め、ニックスのフロントオフィスと面会したが、まさか終始起用されないことになるとは思っていなかっただろう。

それゆえに、出場機会をまったく得られなかったことに強い不満を感じているようだ。

ロケッツ戦を終えた後、カンターは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「バスケットボールをプレイしたい。俺たちはみんな競技者だ。バスケットボールをプレイしたい。もしここで俺をプレイさせるなら、プレイさせてくれ。そうじゃないなら、俺をここから出してくれ」

カンターによると、キャリア2年目のビッグマンであるルーク・コーネットが負傷離脱した後、デイビッド・フィッツデールHCから先発起用することを伝えられたという。

だが、ニックスのコーチ陣はその計画を変更し、カンターは出場機会さえ得ることができなかった。

カンターにはサクラメント・キングスなど複数のチームが興味を持っていると噂されているが、カンターとしても現状が続くようならニックスを離れたいことだろう。

トレード期限が迫る中、ニックスはどう対処していくのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA