【スポンサーリンク】

マイカル・トンプソン クレイ・トンプソンの残留は「ウォリアーズ次第」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンは今年夏、完全FAになる。

しばらくショットタッチに苦しんでいたものの、ここ最近は復調し、素晴らしいパフォーマンスを続けているトンプソン。

多くのチームがトンプソンに興味を持つことになりそうだが、トンプソンの父であるマイカル・トンプソンは息子の去就について次のようにコメント。nbcsports.comが伝えている。

「クレイにできることじゃない。もしウォリアーズが彼を求めるなら、7月1日の0時1分、ボブ・マイヤーズ、ジョー・レイコブ、ピーター・グーバー、カーク・レイコブ、彼らはクレイに電話しなきゃいけない。『ここに契約書がある。サインしてくれ』とね」

「彼ら次第だ。クレイは(ウォリアーズを)去ることを考えてない。彼はベイエリアでプレイするのが大好き。ウォリアーズファンのためにプレイするのが大好き。クレイはそう言ってるよね」

「彼は完璧な状況の中にいる。ステフィン・カリーの完璧なパートナーとしてプレイしてる。彼を上回るパートナーは見つからないだろう。それにケビン・デュラント、ドレイモンド・グリーン、チームにいるすべてのクルーたち。彼はアンドレ(イグダーラ)、ショーン・リビングストンと一緒にいるのも大好きなんだ」

「今のウォリアーズにあるもの以上を求めることはできない。だから、出ていく理由はないよね」

ホームチームであるロサンゼルス・レイカーズに移籍し、レブロン・ジェイムスと共にプレイするのではないかという噂も出ているトンプソン。

だが、トンプソンが王者ウォリアーズを去るとは考えがたい。

トンプソン自ら去るとすれば、それは契約内容に納得できない、もしくは王者ウォリアーズにチャレンジする側に回りたいということだろう。

なお、今季のトンプソンは48試合に出場し、平均34.2分のプレイで21.8得点、4.1リバウンド(キャリアハイ)、2.0アシスト、1.2スティール(キャリアハイ)、FG成功率46.1%、3P成功率38.0%(キャリアワースト)を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算585試合に出場し、平均33.0分のプレイで19.4得点、3.5リバウンド、2.3アシスト、0.9スティール、FG成功率45.8%、3P成功率41.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA