【スポンサーリンク】

ニックス トレイ・バークをトレードか?

キャリア6年目を迎えているポイントガードのトレイ・バークは、ニューヨーク・ニックスでキャリアを復活させた。

だが、ニックスの再建プランには含まれていないのかもしれない。

12up.comによると、ニックスはバークをトレードで放出し、ドラフト2巡目指名権の獲得を狙っているという。

また、エマニュエル・ムディエとフランク・エンティリキーナもトレードで放出すると噂されている。

つまり、今いるポイントガードたちはニックスの再建プランに含まれておらず、トレードでオールスターレベルのポイントガード、もしくは今年のドラフトで将来有望なポイントガードを獲得する計画があるのだろう。

ニックスは今季も厳しい状況を強いられており、現在10勝37敗でイースタン・カンファレンス14位。

今年夏にカイリー・アービングの獲得を狙うと噂されているが、ニックスの再建プランはうまくいくのだろうか。

なお、今季のバークは30試合に出場し、平均20.3分のプレイで11.6得点、1.9リバウンド、2.9アシスト、FG成功率41.0%、3P成功率35.1%を記録。

キャリアを通してユタ・ジャズ、ワシントン・ウィザーズ、ニックスでレギュラーシーズン通算333試合に出場し、平均24.1分のプレイで10.9得点、2.1リバウンド、3.7アシスト、FG成功率40.4%、3P成功率34.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA