【スポンサーリンク】

ブランドン・イングラム「俺とコーリー・ブリュワーは『痩せっぽちのツイン』」

ロサンゼルス・レイカーズのブランドン・イングラムは、現地29日のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦で元チームメイトのコーリー・ブリュワーの上から豪快なダンクを決めた。

普段はあまり感情を出さず、おとなしいイメージのあるイングラム。

だが、ブリュワーの上からダンクを決めると、ブリュワーを威嚇するかのように雄叫びをあげた。

一方、ブリュワーは感情を出すタイプのプレイヤーであるため、イングラムの挑発に怒りを覚えても不思議ではなかったが、ブリュワーは苦笑い。

その後、フリースローの際にイングラムと軽く言葉を交わし、笑顔を浮かべる場面も見られた。

口論に至らずに終わったのは、両者の関係性に理由があったのかもしれない。

イングラムはブリュワーについて次のようにコメント。lakersnation.comが伝えている。

「あんなに叫んだことはなかったと思う。何も考えずにプレイしたのは初めてだった」

「俺たちは互いのことを『痩せっぽちのツイン』と呼んでたんだ。ふたりとも86kg以下だからね。彼は俺のお気に入りの男。俺にとって本当に、本当に良い存在なんだ」

ルーキーの時からブリュワーと共に過ごし、親交を深めたイングラム。

一方、ブリュワーもイングラムの成長を頼もしく感じたことだろう。

レイカーズは今季からレブロン・ジェイムス中心のチームに生まれ変わったが、イングラムにはさらに成長し、リーグを代表するスーパースターになってもらいたい。

なお、今季のイングラムは40試合に出場し、平均33.0分のプレイで17.1得点(キャリアハイ)、4.9リバウンド、3.0アシスト、FG成功率48.7%(キャリアハイ)、3P成功率30.9%、フリースロー成功率63.8%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算178試合に出場し、平均31.3分のプレイで13.3得点、4.6リバウンド、2.9アシスト、FG成功率45.1%、3P成功率32.5%、フリースロー成功率65.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA