【スポンサーリンク】

カイル・クーズマ トレードの噂が出るのは「良いこと」

オールスターフォワードのアンソニー・デイビスがニューオーリンズ・ペリカンズにトレードを要求したことにより、ロサンゼルス・レイカーズ周辺にさまざまな噂が浮上している。

レイカーズはデイビスのトレード獲得を狙い、カイル・クーズマ、ブランドン・イングラム、ロンゾ・ボール、イビチャ・ズバッツ、ラジョン・ロンド、マイケル・ビーズリー、ドラフト指名権などを用意していると報じられているが、キャリア2年目を迎えているクーズマはトレードの噂を前向きに捉えているようだ。

クーズマはトレードの噂について次のようにコメント。lakersnation.comが伝えている。

「こういうことになるのは初めてのことだ。だけど、トレードの噂が出るのは良いことだよね。いつもみんなが言ってることさ。それは自分に価値があることを意味するし、このリーグに長くいられるということを意味するだろう。なぜなら、人々に求められてるということだからね」

「コントロールできることをコントロールする。結局のところはビジネスさ。このリーグでは、自分の運命をコントロールすることはできない。だけど、自分の労働間、どれほど素晴らしいプレイヤーになりたいかということはコントロールできる。どこでも素晴らしいプレイヤーになれるんだ」

「コントロールできるコントロールする。バスケットボールはどこでもプレイできる」

2017年のドラフト27位でリーグ入りし、ファーストシーズンから素晴らしいプレイを続けているクーズマ。

レイカーズはクーズマをどう扱っていくのだろうか。

なお、今季のクーズマは48試合に出場し、平均32.8分のプレイで18.9得点、5.8リバウンド、2.5アシスト、FG成功率46.6%、3P成功率30.7%を記録。

ルーキーだった昨季はレギュラーシーズン77試合に出場し、平均31.2分のプレイで16.1得点、6.3リバウンド、1.8アシスト、FG成功率45.0%、3P成功率36.6%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA