【スポンサーリンク】

ルーク・ウォルトンHC ロッカールームで選手たちと口論か?

ロサンゼルス・レイカーズは現地2日、王者ゴールデンステイト・ウォリアーズに14点差で敗れた。

第3Qまで善戦していたものの、課題としているターンオーバーとステフィン・カリーの覚醒によって点差を広げられ、敗れたレイカーズ。

この試合後、レイカーズのロッカールームは荒れ模様だったようだ。

ESPNによると、ルーク・ウォルトンHCはジャベール・マギー、マイケル・ビーズリーを含む数選手に対してセルフィッシュなプレイを厳しく指摘。その指摘に対し、ビーズリーなどはウォルトンHCに反論し、矛盾したウォルトンHCのローテーションに不満の言葉を並べたという。

ビーズリーは先日のオクラホマシティ・サンダー戦でウォルトンHCに厳しい言葉を吐き、マギーはユタ・ジャズ戦の後、ウォルトンHCのディフェンス戦略が不足していると指摘していた。

マギーとウォルトンHCはその後、個人的に会い、問題解決へ向けて話し合ったと報じられているが、まだしこりが残っているのだろうか。

なお、レイカーズのあるプレイヤーは今回のロッカールームの件について、こう話したという。

「クレイジーなことは何も起こってない。ルークは言葉を発した。選手たちは言い返した。誰も軽視されてないよ。クレイジーな言葉は何もなかった」

今月のレイカーズは9試合中7試合をロードで戦わなければならない。

2月を乗り切ることができれば、プレイオフ復帰へ向けて一歩近づくことができるだろう。

そのためにもチーム一丸となり、勝利を狙いたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA