【スポンサーリンク】

マジックのジェフ・ウェルトマン モー・バンバの復帰は「治療経過次第」

オーランド・マジックのルーキーセンターであるモー・バンバは、これからのマジックを牽引していくであろう有望株のひとりだ。

だが、左足脛骨に疲労骨折を負い、しばらくコートを離れることになった。

手術は受けず、完治を目指すというが、具体的な復帰時期はまだ定まっていないようだ。

マジックの球団社長であるジェフ・ウェルトマンは、バンバの復帰時期について次のように説明。RealGMが伝えている。

「幸いなことに、モーは手術なしで治療できる。活動復帰は治療にどう反応するか次第になるだろう」

マジックは現在、22勝32敗でイースタン・カンファレンス11位。

まだプレイオフ進出は可能な状況であるものの、期待のルーキーを無理に復帰させることはないだろう。

バンバにはより強いフィジカルを手に入れて復帰してもらいたいところだ。

なお、今季のバンバは47試合に出場し、平均16.3分のプレイで6.2得点、5.0リバウンド、0.8アシスト、1.4ブロックショット、FG成功率48.1%、3P成功率30.0%、フリースロー成功率58.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA