【スポンサーリンク】

コービー・ブライアント「ジェイムス・ハーデンのスタイルではチャンピオンになれない」

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンは、今季もMVPレベルのパフォーマンスを続けている。

ハーデンのプレイスタイルには賛否両論あるが、驚異的なパフォーマンスを続けているのは間違いないだろう。

だが、かつてリーグを代表するスーパースターだったコービー・ブライアントは、ハーデンのスタイルではタイトルを獲得できないと感じているようだ。

ブライアントはハーデンについて次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「彼は彼のチームの勝利のためにやらなきゃいけないことをやらなきゃいけない。彼が用いてるプレイスタイル。チャンピオンになるという観点から、私はそれが好きじゃない。あのスタイルでチャンピオンになれるとは思わない」

「ただそれと同時に、試合に勝つためにチームを持ちこたえさせなきゃいけないよね。つまり、勝つためにやらなきゃいけないことをやらなきゃいけない。彼はそれをやってるんだ」

ハーデンもそれを自覚しており、ボールを持ちすぎていると感じていることを以前明かした。

だが、それからクリス・ポールなど負傷離脱していた主力プレイヤーたちが復帰。

ハーデンの負担は軽くなるであろうが、ロケッツとしてはハーデンが封じられたときの対策を練っておきたいところだろう。

果たしてハーデン率いるロケッツは1995年以来となるタイトルを獲得できるだろうか。

なお、今季のハーデンは51試合に出場し、平均37.4分のプレイで36.5得点(キャリアハイ)、6.8リバウンド、7.9アシスト、2.2スティール(キャリアハイ)、FG成功率44.4%、3P成功率37.5%を記録。

キャリアを通してオクラホマシティ・サンダーとロケッツでレギュラーシーズン通算738試合に出場し、平均34.1分のプレイで23.9得点、5.2リバウンド、6.2アシスト、1.5スティール、FG成功率44.3%、3P成功率36.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA