Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オットー・ポーター「トレードしないと言われていた」

【PR】

キャリア6年目を迎えているオットー・ポーターは、先日のトレードでワシントン・ウィザーズからシカゴ・ブルズに移籍した。

今季は難しい時間を過ごし、怪我から復帰後はベンチメンバーとして起用されるようになったポーター。

その時からトレードの噂が聞こえるようになったものの、ポーターはウィザーズでプレイし続けることを信じていたのかもしれない。

ポーターによると、トレード期限前にウィザーズのマネジメントと話し合いの場を持ち、その席でトレードしないと言われていたという。

ポーターは当時を振り返り、次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

「トレード期限前、ウィザーズは俺に『トレードしない』と言ってくれてたんだ」

また、ウィザーズのオーナーであるテッド・レオンシスはトレード期限の約1週間前、こう話していた。

「ジョン・ウォール、ブラッドリー・ビール、オットーポーターはトレードされないだろう」

だが、ウィザーズはポーターのトレードを決断。

よく耳にするような話ではあるが、「トレードしない」と言われていたプレイヤー側としては、ビジネス上の判断とは言え、不信感を持ってしまうであろう。

ポーターにはブルズで本来のパフォーマンスを取り戻してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】