【スポンサーリンク】

シャキール・オニール ヨーロッパは「基本をやってる」

ダラス・マーベリックスのルーキーであるルカ・ドンチッチはすでにチームの中心プレイヤーとなり、リーグを代表するスーパースターになろうとしている。

ヨーロッパで実績を残し、19歳ながら鳴り物入りでNBAにやって来たドンチッチ。

NBAで活躍するヨーロッパ出身のプレイヤーは数多くいるが、レジェンドのシャキール・オニールはヨーロッパ出身のプレイヤーとアメリカ出身のプレイヤーに基礎の違いを感じているのかもしれない。

オニールはヨーロッパについて次のようにコメント。The Washington Postが伝えている。

「彼ら(ヨーロッパ)は基礎を少し多くやってるみたい。我々より多くね。彼らは基礎を練習してる。我々は多くを才能に頼ってる。ジャンプして、シュートして、走るという。ヨーロッパは常に基礎をやってるように見える。ドンチッチはかなり良いよね」

これからもヨーロッパ出身のスタープレイヤーが続々と生まれると思われるが、アフリカ勢の台頭も見過ごせないだろう。

世界のレベルアップと共に、NBAのレベルもますます高まっていきそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA