【スポンサーリンク】

マーケル・フルツ「プッシュしてくれるコーチがいることに興奮してる」

2017年のドラフト1位プレイヤーであるマーケル・フルツは、先日のトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズからオーランド・マジックへ移籍した。

現在はリハビリを続け、復帰を目指しているフルツだが、少なくともマジックの環境には満足しているのかもしれない。

フルツはマジックについて次のようにコメント。uproxx.comが伝えている。

「プッシュしてくれる、聞きたいことを言わないコーチたちがいることに、本当に興奮してる」

まるでシクサーズのコーチたちに対する嫌味のようにも聞こえるが、フルツとシクサーズコーチ陣たちとの関係は実際に壊れていたのかもしれない。

ドラフト1位でリーグ入りするも、期待されたパフォーマンスを見せられないまま去ったプレイヤーもいる。

フルツはそうならないことを願いたいところだ。

なお、今季のフルツはシクサーズで19試合に出場し、平均22.5分のプレイで8.2得点、3.7リバウンド、3.1アシスト、FG成功率41.9%、3P成功率28.6%、フリースロー成功率56.8%を記録。

ルーキーだった昨季はレギュラーシーズン14試合に出場し、平均20.6分のプレイで7.1得点、3.1リバウンド、3.8アシスト、FG成功率40.5%、3P成功率0%(1本中0本)、フリースロー成功率47.6%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA