【スポンサーリンク】

カイリー・アービング セルティックスは「俺がいるから大丈夫」

今季開幕前、ボストン・セルティックスはイースタン・カンファレンス首位でプレイオフに進出すると予想されていた。

だが、今季のセルティックスは安定したパフォーマンスを見せることができず、先日は再建中のシカゴ・ブルズに完敗。

だが、オールスターガードのカイリー・アービングは特に気にせず、プレイオフまで稚拙なパフォーマンスが続くことはないと確信しているようだ。

今季最悪の敗戦はどのゲームなのか質問されたアービングは、次のように返答。bostonherald.comが伝えている。

「もう過ぎ去ったことさ。これはNBAだ。プレイオフに進出する。そこから楽しいことが始まるんだ」

「俺たちは大丈夫。なぜなら俺がいるからね」

アービング率いるセルティックスは、現地24日の時点でイースト5位。

同8位のシャーロット・ホーネッツとは8.5ゲーム差あるため、よほどのことがない限りプレイオフには進出できるだろう。

とはいえ、プレイオフが始まるまでに安定したパフォーマンスを取り戻し、ファイナル進出へ向けて突き進みたいところだ。

なお、今季のアービングは49試合に出場し、平均32.8分のプレイで23.8得点、4.8リバウンド(キャリアハイ)、6.9アシスト(キャリアハイ)、1.6スティール(キャリアハイ)、FG成功率49.6%(キャリアハイ)、3P成功率41.3%を記録。

キャリアを通してクリーヴランド・キャバリアーズ、セルティックスでレギュラーシーズン通算490試合に出場し、平均33.8分のプレイで22.2得点、3.6リバウンド、5.6アシスト、1.3スティール、FG成功率46.5%、3P成功率39.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA