【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント スティーブ・カーHCの指摘に「同意しない」

スリーピートを狙う王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは、オールスターブレイク後に調子を落としている。

昨日はボストン・セルティックスに完敗し、なかなか波に乗れないウォリアーズ。

セルティックス戦の後、スティーブ・カーHCは「情熱と怒り、緊張感から始まる。今夜はそれがなかった」と指摘したが、ケビン・デュラントはそう感じていなかったようだ。

カーHCの指摘について質問されたデュラントは、次のようにコメント。NBC Sportsが伝えている。

「俺たちは楽しんでないと思う。怒り?それには同意しない。俺たちはあらゆるところ、トップからボトムまで、コーチからプレイヤーまで、もっと良くならないといけない」

デュラントによると、ウォリアーズのロッカールームでは誰一人として狼狽しておらず、一喜一憂はしないという。

オールスターブレイク後のウォリアーズは3勝4敗と負け越している。

現地8日にはウェスタン・カンファレンス2位のデンバー・ナゲッツと対戦予定。

そしてフェニックス・サンズ戦を挟み、ヒューストン・ロケッツ、オクラホマシティ・サンダーと強豪チームとの対戦を控えている。

レギュラーシーズンは約1カ月残っているが、スリーピートへ向けて早めに調子を取り戻したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA