【スポンサーリンク】

トレイ・ヤング ルカ・ドンチッチとの戦いは「永遠に続く」

2018年のドラフト5位でダラス・マーベリックスから指名されたトレイ・ヤングは、その後のトレードでアトランタ・ホークスに移籍した。

このトレードでマブスに移籍したのは、今季のルーキー・オブ・ザ・イヤー筆頭候補であるルカ・ドンチッチ。

ヤングとドンチッチはすでにチームの中心として活躍しており、スーパースターへの成長が期待されている。

これからライバルとして戦い続けるであろうヤングとドンチッチ。

ヤングもそう感じ、チャレンジのひとつとして見ているようだ。ヤングのコメントをNew York Timesが伝えている。

「みんなに伝えよう。うまくいけば、俺たちは15年以上プレイするだろうし、ドラフトの夜から戦いは始まってる。永遠に続くだろう。だからそれを受け入れるし、チャレンジとして見てるんだ」

両者とも再建中のチームに所属しているが、彼らを中心としたチームになっていくのはほぼ間違いない。

ライバルとして今後も切磋琢磨し、リーグをさらに盛り上げてもらいたいところだ。

なお、今季のヤングは65試合に出場し、平均30.8分のプレイで18.2得点、3.4リバウンド、7.8アシスト、FG成功率41.5%、3P成功率33.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA