【スポンサーリンク】

NBA復帰のアンドリュー・ボガット「ウォリアーズ以外はなかった」

ベテランセンターのアンドリュー・ボガットは先日、古巣ゴールデンステイト・ウォリアーズとの契約に合意した。

ロサンゼルス・レイカーズからウェイブされた後、母国オーストラリアリーグでのプレイを決意したボガット。

ボガットは当時、「NBAは引退する」としていたが、なぜウォリアーズと契約したのだろうか。

その理由について、ボガットは次のように説明。hoopsrumors.comが伝えている。

「NBAに復帰するならゴールデンステイト・ウォリアーズ、それ以外はなかった」

「俺の心の中で、ゴールデンステイト・ウォリアーズはすごくスペシャルな組織。あの場所で素晴らしい年月を過ごしたし、チャンピオンになった。たとえ彼らが俺を放出したとしても、それがケビン・デュラントのような男を獲得するためなら理解できる。もし俺が同じ環境にいたら、自分自身をトレードしただろうね」

ボガットがウォリアーズに復帰するのは今季のみ。

ボガットが所属するシドニー・キングスによると、ボガットはシーズンが終了次第オーストラリアに戻り、来季は再びキングスでプレイするという。

期間限定での復帰となるが、ウォリアーズのスリーピートに貢献したいところだ。

なお、ボガットはNBAキャリアを通してミルウォーキー・バックス、ウォリアーズ、ダラス・マーベリックス、クリーヴランド・キャバリアーズ、レイカーズでレギュラーシーズン通算694試合に出場し、平均28.4分のプレイで9.8得点、8.7リバウンド、2.2アシスト、1.6ブロックショット、FG成功率53.5%、フリースロー成功率55.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA