【スポンサーリンク】

ビンス・カーター 現役引退は「もう1年延ばせる」

アトランタ・ホークスの大ベテランであるビンス・カーターは、今年1月に42歳になった。

若手が多いホークスにおいて、メンターとしてだけではなくプレイヤーとしても活躍しているカーター。

そのカーターが、来季も現役を続ける意思を明かしたようだ。

カーターは自身の去就について次のようにコメント。bleacherreport.comが伝えている。

「(現役引退は)もう1年延ばせると思う。シーズンが終わった後、俺自身がどう感じてるか隅から隅まで評価する。電話が鳴り、興味を示してくれるチームがあれば、それは良いことさ」

カーターは昨年夏にホークスと1年契約を結んだため、今年夏にFAになる。

第一線で活躍できることを証明し続けているカーター。

果たしてカーターに興味を示し、オファーを出すチームは現れるだろうか。

なお、今季のカーターは61試合に出場し、平均16.6分のプレイで7.1得点、2.5リバウンド、1.0アシスト、0.5スティール(キャリアワースト)、FG成功率43.6%、3P成功率40.9%(キャリアハイ)を記録。

キャリアを通してトロント・ラプターズ、ニュージャージー・ネッツ、オーランド・マジック、フェニックス・サンズ、ダラス・マーベリックス、メンフィス・グリズリーズ、サクラメント・キングス、ホークスでレギュラーシーズン通算1466試合に出場し、平均30.8分のプレイで17.3得点、4.4リバウンド、3.2アシスト、1.0スティール、FG成功率43.7%、3P成功率37.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA