【スポンサーリンク】

ダーク・ノビツキー「バスケを続けてなければ塗装業を継いだ」

1998年のドラフト9位でNBA入りしたダーク・ノビツキーは、史上最高のヨーロッパ出身NBAプレイヤーと言えるだろう。

キャリア21年目の今季もコートでプレイし続け、ファンからも愛されているノビツキー。

では、もしノビツキーがバスケットボール人生を諦めていたら、どんな職業に就いていたのだろうか。

ノビツキーによると、バスケットボールを続けていなければ、父が営んでいた塗装業を継いでいたという。ノビツキーのコメントをsportressofblogitude.comが伝えている。

「たぶん塗装業をしていただろうね。俺の父は塗装業を発展させた。彼は俺に後を継いでもらいたがってた。14歳か15歳の頃かな。バケーションの時、彼は俺を何度か働かせたんだ」

「ハードワークだ。俺は『バスケットボールをさせてくれ。戻ってくるから』という感じだった。だけど、俺は戻らなかった。姉も後を継ぎたがらなかった。そして数年前かな、彼はとうとう畳んだんだ。家族にとって、すごく感傷的なことだった。なぜなら、彼が小さな頃からやってたことだったからね」

ノビツキーの父にとって長年にわたって続けた塗装業を終えることは、苦渋の決断だったに違いない。

だが、息子の活躍を喜び、これまで温かく見守ってきたことだろう。

ノビツキーは果たして来季も現役を続け、父にその姿を見せてあげることができるだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA