カイリー・アービング「レブロン・ジェイムスは若手に教えようとしてる」

【スポンサーリンク】

経験と実績あるベテランプレイヤーたちと、これからのリーグを牽引していくであろう若手たちが融合したロサンゼルス・レイカーズには、プレイオフ復帰の期待がかかっていた。

だが、主力プレイヤーたちが相次いで負傷離脱すると、レイカーズは低迷。

シーズン終盤になっても調子は上がらず、プレイオフ進出はほぼ絶望的だ。

この状況を受け、レブロン・ジェイムスに対する批判の声も聞こえているが、クリーヴランド・キャバリアーズ時代に共にプレイし、タイトルを勝ち取ったカイリー・アービングは、ジェイムスに対する批判は間違っていると感じているのかもしれない。

アービングはジェイムスについて次のようにコメント。RealGMが伝えている。

「ああいうチームに入り、多くの責任を持つ。レギュラーシーズンの途中で復帰する。難しいよ。なぜなら、他のチームはプレイオフのためにギアを上げてるからね。ブロンはそれを理解してる。ロンドはそれを理解してる。だけど、クーズ(カイル・クーズマ)とブランドン・イングラム。彼(ジェイムス)は彼らに、このリーグで移管して勝つために必要なことを教えようとしてるんだ」

残りのシーズン、レイカーズはジェイムスの出場時間を制限する予定。

すでにプレイオフ進出は諦め、来季へ向けての準備に入ったと見て良いだろう。

この夏はビッグネーム獲得を狙うと噂されるレイカーズ。

果たしてレイカーズの若手たちはチームにとどまるのだろうか。

それとも放出し、完全に新たなチームに生まれ変わるのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA